二酸化塩素の新型コロナウイルスに対する不活化効果を確認 – 大幸薬品株式会社HPより引用 ~第17回日本小児消化管感染症研究会(2021.2.6)にて大阪府立大学との共同研究成果を発表~

大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下、大幸薬品)は、二酸化塩素の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する不活化効果を確認したことを、大阪府立大学生命環境科学研究科(山﨑伸二 教授)との共同研究成果として、第17回日本小児消化管感染症研究会(2021.2.6)に於いて、発表したことをお知らせします。

本実験は、特許二酸化塩素ガス溶存液(クレベリンPro希釈用液、大幸薬品製)の各所定濃度に、SARS-CoV-2液を加え、各時間経過後(10秒, 30秒, 1分, 3分)に中和後、その溶液をSARS-CoV-2に感受性のある培養細胞(TMPRSS2発現VeroE6細胞(*1))に接種することで、感染ウイルス量を定量する手法(TCID50法)で実施されました。その結果、SARS-CoV-2による感染価が、二酸化塩素溶存液100 ppm(*2) (1.5 mM)で10秒で99.997%(常用対数4.5)以上、10 ppm(0.15 mM)で10秒で99.96%(常用対数3.4)以上の低減となり、共に検出限界以下であることが確認されました

SARS-CoV-2は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の糞便等から検出されており(*3,4)。また、生存SARS-CoV-2は、エアロゾルや物体表面で比較的長い時間検出されたとの報告(*5)があります。これらを踏まえ、本研究成果から、ヒトが触れる場所(ドアノブ、便座、床、洗面等)に二酸化塩素を活用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策に有効であることが期待できます

大幸薬品では二酸化塩素分子が、SARS-CoV-2のヒトの体内への感染を阻止するメカニズムを解明したことを発表(*6)しており、当知見も本学会で報告されました。二酸化塩素によりSARS-CoV-2のSタンパク質のACE2への結合阻害が示唆されること、またタンパク質のチロシン残基とトリプトファン残基を特異的に酸化することで不活化することが報告されている(*7)ことから、Sタンパク質のACE2レセプター結合ドメインの453番目のチロシン残基を酸化することでACE2との結合阻害を起こさせる可能性が示唆されています。さらなる研究により、衛生対策の有効な手立てのひとつとして、低濃度二酸化塩素の活用を提言してまいります。


SARS-CoV-2のS(スパイク)タンパク質のACE2への結合が阻害される。ということは、ワクチン接種者が製造するスパイクタンパク質のシェディングにも二酸化塩素が有効だということになります。

当然のことながら、ワクチン接種者は自らが製造するスパイクタンパクに曝露し続けています。よって、上記の論文よりワクチン接種者もまた、二酸化塩素が有効だとわかります。

まだまだ眠ったままのワクチン接種者がほとんどですが、ご家族の方は事前に二酸化塩素を確保しておくことをお勧めします。


とても重要なお願い!】

新型コロナCOVID-19ワクチンの接種者は9,800万人を超えてしまいました。また、コロナワクチンの裏で、インフルエンザワクチンの接種も進んでいるようです。すでに指摘しましたが、今回のインフルエンザワクチンは今までのワクチンとはまったくの別物であり、とても危険なmRNAワクチンです。

正直、新型コロナワクチン2回接種者がインフルエンザワクチンを打てば止めとなりかねないと心配しています。さらに、11月12日HPV(子宮頸がん)ワクチンの積極奨励が決まりました。このワクチンは、2013年に積極奨励をはじめましたが、副作用の報告が相次ぎわずか2か月で奨励を中止した代物です。

「インフルエンザワクチンなら…」と、子どもたちも打っており、モデルナアームと同じようにインフルアームという造語がすでに流行しています。


このままでは日本人の多くが殺されてしまいます。早ければ12月から3回目の接種がはじまるようですが、おそらく3回目のワクチンは人口削減に最適のロットが用意されているのではないかと想像せざるを得ません。

そこでお願いです。

私は11月13日(土)より以下のようなTwitterをはじめました。Twitterをやられている方はフォローいただき、ツイートをその都度リツイートし拡散にご協力ください。また、やられていな方は今日からTwitterをはじめていただき、ひとりでも多くの方が救われるようご協力ください。よろしくお願いいたします。🙇

Blog’s

Posted by sinsd