【岐阜開催】「食べられる草採りましょう会」参加希望者は必ずこちらをご覧ください!

「食べられる草採りましょう会」岐阜開催の第1回~3回は美濃市で行います。

・7月16日(土) 終了しました

・8月27日(土)

・9月24日

今回の開催では小倉公園の駐車場です。小倉公園には下と少し上の駐車場があり、上の駐車場にはトイレがあります。このトイレがある駐車場が集合地となります。

日時:9月24日(土)

集合場所:小倉公園駐車場 ※ トイレがある駐車場のところ 

集合時間:15時

当日のタイムスケジュール

ささべじさんの田んぼかハウスにお邪魔しての農業体験と質問会。およびその周辺での野草の採取(食べられる草採りましょう会)をします。また、事前に用意しておいた野草の試食会もあるそうです。(※ ばんのさん、はたのさん、なかのさん、さとうさん、いつもありがとうございます)

無農薬農業や自然農法についての質問がありましたら、事前にお寄せいただけると嬉しいです。

※ 雨天の場合は質問会がメインとなります

参加可能人数:30名

参加費:1,500円 

参加申し込みはこちら

参加人数に達したら自動的に締め切りとなります。また、30名に満たなくても9月20日で申し込みを締め切ります

※ キャンセルでも代金の返還はありません。私の宿泊費も返還はありませんので、ご理解いただいた上でお申し込みください。

※ 子ども連れの参加の場合、参加費は大人のみとなります。例えば、ご夫婦で参加の場合は2人分。大人と子ども3人で参加の場合、参加費は大人1人となります。なお、高校生までを子どもとし、大学生の場合は大人として扱うこととします。

【雨天の場合】

ささべじ直売所などに行きます。

ささべじさんで買い物をし、その後にささべじさんのハウスに連れて行っていただいて、無農薬の野菜を作ることの大変さや農薬と肥料の農協の闇の話や有機野菜JISマークの矛盾などの話をたくさん教えてもらったので、そのようなことを皆さんにお伝えできればと思っております

参加者限定のメリット

野菜を提供していただけそうなお店をご紹介できます

お子さんと一緒の参加も大歓迎です。

小倉公園では、まずは以下のような動物たちがお出迎えしてくれます。

サル

名前を忘れました。

アヒルやカモたち…

クジャクもいました。泣き声に慣れないとドキッとします。

また、道の駅ではメダカも売ってます。いろんな色のメダカがいること、はじめて知りました。

ということで、お子さんも楽しく参加できると思います。次回開催は夏休みです。また、高校生以下は無料で参加できます。奮って参加してください。

食事会開催

食事会に参加申し込みは…

 

食事会開催時間:17時~

開催地:ヴィーガン・バル&ショップ嘉利

参加人数:15名限定

会費:4,200円 – 参加費は4,000円ですが、システム利用料5%をご負担いただきます

参加申し込みはこちら 

定員に満たない場合も9月20日(火)で募集を締め切ります

※ 毎回、参加申し込みをしてドタキャンする方が絶えません。昨年11月より飲み会などのドタキャンで、私は10万円以上負担をしています。伴野さんにそういった負担が無いよう、事前にお金を徴収して私が責任を持ってお渡しします。システム利用料5%がかかりますが、ご理解の上でお申し込みください

※ 子どもさんの参加も料金がかかります。年齢で決めるとややこしくなるため、何歳であろうと1名の料金がかかります

以下、第一回開催時の様子です。お店紹介の下でお申込みいただけます

伴野さんがつい最近見つけたヴィーガンのお店で食事会を行いました。料理はもちろん店内の雰囲気、シェフのご夫婦も最高でした。

今まで、全国各地で開催した食事会は女性の参加者が9割以上でしたが、今回は1名の女性の他はすべて男性。具体的な活動を話し合うキッカケとなり、違った意味で有意義でした。

有機農法ビールで乾杯!

下から2番目の白身は一見イカのようですが違います。たぶんナタデココだと思います。

すいません。楽しく飲んでしまったので、出された順番がわからなくなりました。

閉めはご飯でした。美味しかったです。

シェフご夫妻はとても氣さくな方でした。次回もこのお店で食事会の開催を希望します。

盛り上がりましたね。

7月15日美濃市観光

近隣にお住いの伴野さんとはたのさん、なかのさん、佐藤さんたちが骨折ってくれて、とても楽しく有意義な2日間を過ごすことができました。ありがとうございました。以下、美濃市の様子を簡単にご紹介します。

前泊して伴野さんとはたのさん、なかのさんと楽しく飲み、翌日午前中は美濃市をあちこちウロウロしてみましたが、まあ~暑かったです。湿気に囲まれるような天気で、曇りなのに体中がベタベタになりました。

美濃市駅

私は車で出かけたのですが、朝起きて真っ先に見に行ったのが駅です。電車の方が便利なのか?ということもあったのですが、私が氣になったのは「美濃駅」ではなく「美濃市駅」であったこと。

時刻表は朝晩の通勤時間帯を除けば1時間に1本というところ。車で出かけたのは一応正解だったようです。

実は、この美濃市駅に着くホンの200~300メートル手前(といっても道を曲がったが…)で偶然「美濃駅」を見つけました。ので、美濃市駅を見た後に寄ってみたのですが、こちらが使われなくなったけど残しているために、現在の駅名が美濃市駅となったようですね。

時間がなかったのでしっかり確認はしなかったのですが、中に入るとなぜか「野口五郎」が紹介されていました。また、その奥には以前は知っていた電車が…

続いて美濃観光マップの看板を見て近場を散策してきました。

「うだつの上がる街並み」をグルっと一周してきましたが、こういった街並みを歩くと何か落ち着きますね。

バス停も「うだつの上がる街並み通り」です。

あえて写真はここで終えます。ぜひ、足を運んで街を歩いてください。

続いて美濃橋を渡ってみました。

道の駅にも行きました。※ 午後、伴野さんの案内で道の駅に「有機野菜コーナー」があることを教えていただきました。

驚いたのは、ここで売られる野菜の値段です。ミニトマトが190円

ピーマンが140円。それも、スーパーで売ってるピーマンの倍近い大きさのものが5つ入ってこの値段です。

午後、伴野さんの案内で自然農法コーナーを紹介され、またまた驚きました。自然農法のでっかいナスが5本入って160円。

こちらも自然農法のミニトマトが180円です。美濃市は物価が安い上に、こういった自然農法の野菜がふんだんに買えます。

山も見えるし田園も広がっています。

写真を撮り忘れましたが、有機野菜の直売所にも案内していただきました。水曜と土曜のみの営業ということで、今後も美濃市の食べられる草採りましょう会は土曜開催で続けます。

その一方で、私の頭に「こんなに暑いのに公園歩いて食べられる草を探すのか…」と、悪魔が囁きました。すると…

「なんとか雨降らずに開催できるかな…?」

そう思っていたのですが、12時45分頃から土砂降りとなり、14時から開始だったのですが13時30分の外はご覧のように強い雨が降ってしまいました。

が、伴野さんたちが用意してくれたバックアッププランで「自然農法野菜直売所」と「道の駅自然農法コーナー」を案内していただくと、小雨となり、とても涼しい環境で公園内を散策することができました。

公園内を歩くと、そこにワラビが群生していることがわかり、地元にお住いの伴野さんが「来年の春はここに来ればワラビ採り放題だ!」と言っていたのが印象的でした。

以上のように、雨が降ってもバックアッププランが充実していますので、参加して損はありません。また、伴野さんははたのさんやなかのさん、さとうさんと複数人で活動しています。畑も耕していますし魚釣りもやっています。ので、繋がるには最適な人たちです。

岐阜に、美濃市近辺にお住いの方が羨ましい。というのが正直な感想です。リアルに繋がりたい方は今すぐ参加されることをお勧めします。以下、他地区で開催が決定している「食べられる草採りましょう会」です。

【静岡開催】「食べられる草採りましょう会」  7月9日(土)、7月30日(土)

【神奈川開催】「食べられる草採りましょう会」 7月3日(日)、8月7日(日)、9月4日(日)

・九州開催「食べられる草採りましょう会」 7月24日(日)10時~虹ノ松原(佐賀県)

※ 「食べられる草採りましょう会」終了後、私は昼食として呼子のイカを食べに行きます。昼食会の参加はフリーですが、ご希望される方はご一緒しましょう。※ 九州の募集は6月27日以降から開始します

Blog’s

Posted by sinsd