神仙堂薬局10日間チャレンジ概要その4:えごま油か亜麻仁油のいずれかを毎日生食しよう!

サラダ油からとれるオメガ6はリノール酸ですが、亜麻仁油やえごま油からとれるオメガ3はα-リノレン酸です。そして、これらには次のような特徴があります。

・オメガ6のリノール酸に対抗できるオメガ3はα-リノレン酸だけです

・α-リノレン酸は肌と腸の細胞に豊富です – 腹痛や便秘、

・α-リノレン酸は、DHAやEPAにはない特別な生理活性作用があります

このように、α-リノレン酸にはDHAやEPAにないメリットがあります。そこで、えごま油か亜麻仁油のいずれかをとるようにしましょう。

亜麻仁油とえごま油のどちらがいいのか?

「亜麻仁油とえごま油のどちらを生食すればいいのか?」

残念ながら、この質問への正確な解答はありません。また、どちらを選んでも効果がありますから心配はいりません。

私が「えごま油」をお勧めする理由は?

実は、私自身も亜麻仁油とえごま油のどちらをお客様に勧めたらいいのか?ずっと迷っていました。そのため、はじめは「どっちでもいいよ!」と答えていました。が、ある時からえごま油をご紹介するようになりました。

その理由は、えごま油と称して中身を別の油にすり替えて販売していた業者がいたとわかったからです。このトンでも業者のおかげで独立行政法人 国民生活センターが売れ筋のえごま油について品質調査をしてくれました。

そして、このレポートを見つけた私は…

・えごま油で偽物が売られているくらいだから、亜麻仁油の偽物もあり得るな~

・国民生活センターが品質調査をしたんだから、その中で品質が良いえごま油なら確実だ!

ということで、引き算と足し算からえごま油をご紹介するようになりました。消費者センターの調査結果とえごま油の選択基準は以下の記事で確認できます。

えごま油の選び方!

上の記事でご紹介しているベスト3を以下に記しましたが、私や妻、スタッフの清水が毎日飲んでいるのが1番の太田油脂のえごま油です。

1.太田油脂

created by Rinker
マルタ
¥2,450 (2020/01/24 16:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

2.スギヤマ薬品(太田油脂)

created by Rinker
スギヤマ薬品
¥4,670 (2020/01/24 15:18:55時点 Amazon調べ-詳細)

3.株式会社朝日

created by Rinker
アマニ油
¥2,520 (2020/01/24 15:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん亜麻仁油でも大丈夫です。

亜麻仁油を選ぶ時に注意すべきポイントとは?

亜麻仁油とえごま油はほぼ同じ割合でα-リノレン酸を含みますが、亜麻仁油をとるなら産地に注意してください。

魚にオメガ3が多いこと。アザラシなどはもっと多いことから分かると思いますが、亜麻仁油も生産地でα-リノレン酸の含有量が変わります。気温が低い地域で栽培された亜麻仁油の方がα-リノレン酸の含有量が増え、品質的に優れたものになります。

その意味で、カナダや北欧で栽培されたものを選びましょう。また、こういった地域原産で、無農薬有機肥料栽培かつ低温圧搾(コールドプレス)の製法を用いた製品を購入するといいでしょう。

α-リノレン酸の変換率とリグナン

α-リノレン酸は体内でEPAやDHAに変換されます。しかし、この変換率は日本人の場合ごくわずかで、EPAが5%程度、DHAだと0~0.5%程度とされています。これは、日本人が昔から魚を食べていたからだと思われます。

一方で、欧米の研究ではEPAへの変換率が15%以上、DHAへも5%という論文もあります。このことから、食習慣の違いが遺伝子レベルでオメガ3を変換する酵素の量に人種差があると考えられます。

また、亜麻仁油にはリグナンと呼ばれる成分が含まれます。これは、女性ホルモン様作用と抗酸化作用があります。亜麻仁油に含まれるリグナンは、他の植物に含まれるリグナンよりこれらふたつの作用が強力であるようです。

参考までに、私はえごま油とともに亜麻仁油もとっていますので、利用している亜麻仁油もご紹介しておきます。

created by Rinker
ニップン
¥799 (2020/01/25 13:03:19時点 Amazon調べ-詳細)

ニップンのアマニ油はカナダ産「ゴールデン種」100%使用。低温圧搾法で丁寧に搾油し、大豆油やなたね油で使用されるヘキサンを使用していません。

まとめ

先日、ある中学生の女のことについてお母さんが次のような話をしてくれました。

先生、DHA&EPAのサプリメントを飲めるようになりました。それが1週間くらい続いたら本人の口から『これ飲むようになったら頭が重い感じが楽になってきた。学校に行けそう!』という言葉が出ました。そして本当に10日目から短時間ですが登校できるようになりました。

そんな彼女は、当初は「錠剤やカプセルなどがのどにつかえる!」といった飲み込みに問題がありました。よくあることですが、交感神経が緊張していたため消化器官に十分な血液が届きません。そのため、食道すらしっかり働けるだけのエネルギーが作れなくなっていたのです。

起立性調節障害に限らず、錠剤などをのみ込みづらいという子供は少なからずいらっしゃいます。そんな時もあきらめず、まずはえごま油や亜麻仁油+栄養サプリメント(わからないで飲ませましょう)からはじめてみてください。

もちろん、α-リノレン酸は脳に入れませんから力不足です。ですが、それでも体の炎症は確実に下火になります。この女の子はえごま油+わからないでとらせた栄養サプリメントにより、おおよそ1ヶ月半でDHA&EPAサプリメントを飲めるまでに食道が動くようになりました。

本来はシステムとしてすべてを同時並行で行ってほしいのですが、時間はかかるもののここからでも効果があるという事実を忘れないでください。

10日間チャレンジ!, Blog’s

Posted by sinsd