COVID19患者と同居している親族におけるCovid19様症状予防に対する二酸化塩素の有効性の後ろ向き観察研究

COVID19患者と同居している親族におけるCovid19様症状予防に対する二酸化塩素の有効性の後ろ向き観察研究
1マヌエル・アパリシオ・アロンソ、2カルロスA.ドミンゲス-サンチェス、3マリーナBanuet、マルティネス
123セントロメディコユリカ、ケレタロ、メキシコ

DOI:https//doi.org/10.47191/ijmra/v4-i8-02

概要:

現在まで、COVID-19を予防する効果的な予防薬はありません。ただし、covid19と同様の症状の発生は、二酸化塩素(ClO2)の水溶液で防ぐことができます

この後ろ向き研究では、COVID19陽性/疑わしい患者と同居している1,163人の家族を対象に、予防薬としてのClO2水溶液(CDS)の有効性を評価しました。予防的治療は、0.0003%の二酸化塩素溶液(CDS)を少なくとも14日間経口投与することで構成されていました

病歴にcovid19のような症状の発症の報告が見つからなかった家族は成功例とみなされました。covid19のような症状の予防におけるCDSの有効性は90.4%でした(1,163人の親族のうち1,051人は症状を報告しませんでした)。

併存症、病気の患者の性別と病気の重症度は、covid19と同様の症状の発症に寄与しませんでした(それぞれ、P = 0.092、P = 0.351、P = 0.574)。ただし、高齢の親族はcovid19のような症状を発症する可能性が高かった(ORa = 4.22、P = 0.002)。C

DSを摂取した親族の血液パラメーターまたはQTc間隔に変化の証拠はありませんでした。二酸化塩素に関する最近の発見は、SARS-CoV-2感染を予防するためのその有効性を評価するための臨床試験の設計を正当化します。

Blog’s

Posted by sinsd