ワクチン接種者は、イベルメクチンか二酸化塩素を確保しましょう。必須だと思われます。

ワクチン接種者は以下のいずれかの確保が必須と思われます。

・イベルメクチン

・二酸化塩素

前者は海外からの個人輸入で手に入ります。国内では手に入りません。後者は医薬品の認可を受けておりません。が、国内でも手に入ります。ただし、私は10月にはイベルメクチンが新型コロナおよびワクチン接種者の治療に用いられるようになると想定しております。政府のアナウンスを待ちましょう。

イベルメクチンについて

イベルメクチンの効果は、こころある医師により新型コロナパンデミックがはじまった当初より認められていました。

残念ながら、前述のように個人輸入でないと手に入りません。一日もはやく薬として認可され治療に使われることを願うしかありません。

二酸化塩素について

こちらは国内で手に入りますが、医薬品として認められていません。ただし、おそらくですが、新型コロナワクチン接種者には最強の解毒方法だと思われます。詳しくはこちらのページをご覧ください。念のため、最初の動画だけこのページに追加掲載しておきます。


意識が低い人は残念ながらお別れとなることでしょう。意識が高ければ、ワクチンの解毒を続けて生き残り、反省して次の時代を生きることができるでしょう。

 

このページをご覧の方は、おそらく意識が低い人ではないでしょう。ならば、なぜ私がここまで(たぶん薬局の免許は剥奪される)のリスクを冒してこういった発信を続けるのかというと…

赤血球に隠された重要な事実!

赤血球の仕事は体中の細胞に酸素を運ぶこと。そう、私たちは教えられてきました。これはこれで正しいのでしょう。しかし、重要な事実が隠されています。というのも…

赤血球は白血球や体の細胞に生まれ変わっているようです

見違え、聞き違えではありません。赤血球が変化し、白血球や体中の細胞に生まれ変わっています

ですから、ワクチンを打って赤血球が凝集してしまうと、私たちの新陳代謝は止まることになります。それが続いたらどうなるのか?私が指摘するまでもないでしょう。

私たちが習ってきたことは、その多くが、というかほとんどがウソだった。重要な事実が隠されたまま、ウソにウソを塗り重ねて教えられてきたというのが真相のようです。

ウソに騙され多くの人がワクチンを打たされました。

どんな世の中であっても、そんなウソに立ち向かう魂をもった人はたくさんいます。ぜひ、そんな人たちの魂の声に耳を傾けてください。治療を続けてなんとか生き残りましょう。

Blog’s

Posted by sinsd