ワクチンを2度摂取したヒトの多くは… バイデン大統領はジム・キャリー(俳優)が演じていた!

 

出典:ロシア保健省

ロシアはCovid-19患者を死後解剖した、大きな発見がなされた。ロシアはCovid-19死体を解剖した世界で初めての国であり、徹底的な調査の結果、Covid-はVIRUSとして存在しないと判断された。

↓原文↓

ロシアはCovid-19死体を解剖した世界で初めての国であり、徹底的な調査の結果、Covid-はVIRUSとして存在しないと判断されました。 それはグローバル詐欺です。 人々は「拡張電磁放射(毒)で死ぬ」

削除されたアメリカからの報告

以下の研究結果が掲載されたページは削除されました。また、そのデーターを引用した私の動画も削除されてしまいました。ので、ロシアの発表とともに参考としてください。

アメリカの研究機関が新型コロナイルスに感染した患者を電子顕微鏡で調べました。その数1000サンプルでしたが、ひとつの新型コロナウイルスも確認できなかった。一方で、サンプルで確認できたのはインフルエンザウイルスでした。

【結論】

コロナウイルスは昔から存在します。しかし、新型コロナウイルスはいません。現在、世界中で行われていることは、新型コロナという名の元に行われているインフルエンザの流行ですつまり、グローバル詐欺が行われており、政府やマスメディアの発表を信じている人は騙されているだけの話です。

1年がかりでこれだけ不安を煽っていますが、肺炎や気管にまつわる疾患(インフルエンザなども含め)で亡くなっている人は減少しています。新型コロナの感染者がこれだけいるのに日本人全体の総死亡者数は減少しています。この事実を前提に考えれば、新型コロナの流行は詐欺であると考えるのが自然でしょう。

ワクチンは危険です!

ワクチンの危険性について2度ほどYouTubeチャンネルでご紹介しました。が、どちらも速攻で削除されてしまいました。昨日、お客様より「ワクチンは危険というのは本当でしょうか?」という質問を頂きましたが…

おそらく、2度目のワクチン接種を行った人に9月頃までに亡くなる方が増えるでしょう

想像してください!

冒頭のように新型コロナウイルスは存在しません。

ならば、ワクチンは何なのでしょうか?

ロシア製のワクチンはインフルエンザのワクチンと言われています。だからこそ、プーチン大統領も打ったのでしょう。

アメリカの状況をしっかり確認してください。

FOXテレビはバイデン大統領は俳優ジム・キャリーが演じていると暴露しています

そして、そんな偽大統領はマスクとワクチンを推奨しています。その一方で、トランプ大統領陣営は誰一人マスクをしていません。こういった事実をご自分なりに繋げ「何が起きているのか?」冷静に考えてください。

日本政府の要人はワクチンを打ったふり。注射の中身はビタミン剤。もしくはオモチャのように針がひっこむ注射を使っていると想像しています。(チャバンデミックですから)

ワクチン接種の危険性を訴えた動画や記事、Twitterは次々と削除されています。私も削除された一人ですが、このワクチンは打つべきではないと確信しています。

そもそも、4月の半ばには「新型コロナはいませんでした!」という発表があるはずです。

私の予定では4月にはマスクが要らない生活が戻るはずでしたが、物事の進行は予想より2週間ほど遅れているようです。そこで提案です。

ワクチン接種はGW明けまでは絶対に打たない。

それまでにどんなアナウンスがあるか?待ちましょう。

Blog’s

Posted by sinsd