神仙堂薬局 鈴木邦昭(薬剤師・心理カウンセラー)のホームページ

nounoseinou

FrontPage>脳の性能を高めると…


毎年、3月になるとうれしいご連絡を、それはたくさんいただきます。が、少し残念なことに、お電話でご連絡をいただくことが多いのですが、あるお客様から次のようなメールをいただきましたのでご紹介します。

※ なお、脳の性能について、近日中に解説音声をご用意します。

鈴木先生へ

いつもお世話になっております。
昨年から次男の成績が急上昇した話は、京都の面談のときにさせていただいておりましたが、
4月当初は 中の上ランクの学校くらいが適度でしたが
夏くらいからどんどん、成績が上がりはじめ、
兄やわたしの母校を目指そうかと志望高校のランクをあげました。
ですが、それでも勢いは止まりません。

まわりの塾の先生も担任の先生も、友達も驚くくらいの伸びを見せ
なんと秋のおわりころにはそれよりさらに上、県内で1番の進学校を目指せるのではないかというような、実力テストや模擬試験の結果。

今までのことを考えると、いくら本人が努力しているとはいえ
まぐれかもしれないと、本人も親の私も半信半疑で、志望校はあげたが、特色選抜といって、最初に優秀者のみを高校独自の5教科の応用総合問題、その日に与えられた主題の小論文での専攻は5倍近いので、それで先に合格すれば御の字くらいに思っていました。

ですが、やはり本人も 自分の実力を試したいと、年明けから志望校を、やはり県内1番の学校にかえ、さらにはその高校の 特色選抜(やはり4倍くらいの倍率)入試もエントリーすることにしたのです。

それは、おちてももう一度一般入試で合格を目指すつもりでいました。ですが!!なんと、ふたをあけたら

その県内一番の進学校に、特色選抜入試を受けた7人のうち
次男ひとりだけが 合格したのです。

まるで夢のようでした。

おかげさまっで、一般入試よりはやく決定して
あちこちのみなさまから、

「とてもまぐれでは 合格しないよ」

「どうしたの?」

といわれました。

毎日の食事に気をつけ、そして食事の中にサプリを混ぜたのみ。

あとは、本人がどんどん自主的に勉強するようになりました。

奇跡的な感じです。

本当にありがとうございます。

まだ、これからですが、続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

報告がおそくなりすいませんでした。

また、面談でお会いできますように。



私は、勉強に対する子供の姿勢について、
“やる気”など、“気持ちの問題”と考えることに強い違和感を覚えています。

脳の性能が高まれば、本人が課題を自覚する。

脳の性能が高まれば、たとえイヤでも、受験が近くなれば勉強をするでしょうし、記憶力や理解力が高まることも疑いはありません。

きっとうまくいきます!























a:2527 t:1 y:1

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional